わたしの役割

わたしの役割

ニャンコの介護は壮絶だった。
本当に「壮絶」という言葉がぴったり。

時間を調整することができたこと。
高額の医療費を用意できたこと。
日々の病状に的確に対応できたこと。
最後まで心を強く持てたこと。

どれかひとつでも欠けたら
あの子との最後の時間はなかったと思う。

最後まで愛し抜いたことは、
わたしの誇り♡

老猫の生涯介護を終え、
これからはピチピチの毛玉ちゃんと
ルンルン生きようって思ってたのに…

また今回、わたしの元に
身体の弱い子がやってきた 笑

神様が「アナタ得意ですよね?」って
わたしに預けていきおったわ 笑

この子もわたしでなければ
もうとっくにダメだったかもしれない。

きっと、これがわたしの役割。

与えられたこの役割に
毎日こころから感謝しよう。
限られた時間を精一杯共に生きよう。

この子に出会えた奇跡に恥じぬよう
全力で守り、愛しぬこう。

わたしの元にきてくれて、ありがとう♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です